台北門市營業時間
12:00~22:00 每週一公休
電話: (02)2312-2251
信箱: ninmusic@mail2000.com.tw
3773-04-2020

工業材料 2020 年 04 月号 [日刊工業新聞社 雑誌] (Battery technology )

Industrial Materials

特集『次世代電池技術の進展を探る』 近年、リチウムイオン電池
商品編號:
3773-04-2020
商品版本:
日版
商品類別:
LESSON / EDU
關鍵字:
Battery
發行公司:
日刊工業新聞社
發行媒體:
BOOK
發售日期:
2020/03/14 已發行
日幣售價:
¥1400円(未稅) / 台幣約NT$550
普通版

無現貨,訂單確認後立即向國內外廠商訂購,一般已發行商品:日韓商品至少約1~2星期可到貨、歐美商品至少約1個月可到貨。 已發行的限量、初回商品或發行年代已經久遠的商品可能因為訂購困難,可能會超過2星期以上。

訂購須知

  • 九五樂府的商品都是收到您的訂單之後才會為您向國外廠商訂貨,國外的廠商一旦收到訂單後就無法接受隨意取消或更改, 所以麻煩大家下訂後請務必考慮清楚後再進行付款的動作。
  • 本店保留訂單接受與否權利,若因交易條件有誤或有其他情形導致商店無法接受您的訂單,將以E-MAIL通知給您。
  • 造成您的不便敬請見諒!
  • 商品說明

    特集
    次世代電池技術の進展を探る

    【総論】
    次世代蓄電池技術の現状と展望
    (国研)物質・材料研究機構 高田和典

    【解説】
    ナトリウムイオン電池の開発状況、課題、展望
    東京大学 大久保將史、山田敦夫

    二次電池用新規電解液の開発状況と展望
    東京大学 山田裕貴、山田敦夫

    次世代リチウム二次電池における電解液の重要性
    横浜国立大学 多々良涼一、渡邉正義

    全固体電池の固体電解質/電極界面抵抗に関わる研究の現状、課題、展望
    東京工業大学 西尾和記、一杉太郎

    酸化物系全固体Li電池におけるLi金属負極の課題
    名古屋大学 本山宗主、山本貴之、入山恭寿

    リチウム酸素二次電池の電極界面化学
    ㈱豊田中央研究所 長谷陽子、大阪大学 西岡季穂、中西周次

    リチウム空気電池 材料開発の動向と展望
    (国研)物質・材料研究機構 松田翔一

    Siナノ粒子のみで高出力な全固体電池用負極電極体の開発
    (国研)物質・材料研究機構 太田鳴海

    【事例】
    SMD対応小型全固体電池「SoLiCellTM」
    FDK㈱ 加藤彰彦

    透過電子顕微鏡を用いた全固体Liイオン電池のナノメートル分解能その場解析
    パナソニック㈱ 野村優貴、(一財)ファインセラミックスセンター 山本和生

    ◆企業・研究所訪問&Interview
    “価値の創造と再生”をコンセプトに工業材料を”感性価値“の高い素材に転換
    ㈱hide kasuga 1896 gallery de kasuga

    ■連載
    【新連載】
    伝統を「みらい」につなぐ 匠と材料の科学
    第1回 大判越前和紙の評価
    ㈱伝統みらい 濱田泰以、大三興業㈱ 須田充訓、㈱太陽 川森勇次、
    京都工芸繊維大学 杉山直磯、大阪産業大学 後藤彰彦

    先端材料を支える分析・解析・計測技術 No.17
    ショットキーFE-SEM SU7000を用いた金属材料のin-situ引張観察
    ㈱日立ハイテク 橋本陽一朗、板橋洋憲、齋藤 勉

    高分子材料の「トラブル&対策」ファイル
    ファイル㉔ リサイクルの光と影—ゴミがゴミを呼ぶリサイクル品の問題点
    大武義人

    神奈川大学新型電池オープンラボにおける電池開発 最終回
    PVdFバインダーをゲル化させないLIB用NCA正極材の開発
    日本化学産業㈱ 入井友海太、黒川貴文、槇 文彦 神奈川大学 郡司貴雄、松本 太

    現場で役立つ 重回帰分析による高分子材料の寿命予測法 第12回
    アクリル系接着品の熱劣化における寿命予測
    川瀬テクニカル・コンサルタンシー 川瀬豊生

    談話室
    ツキの無さからの転回
    町田輝史

    Q&A 材料相談室
    マレイン酸化油とは

    材料ウォッチ
    [R&D動向]物材機構や東大など 次世代蓄電池として開発進む金属空気電池
    [業界動向]印刷・インク事業の低迷を背景に成長分野の取り込みを急ぐ国内大手インクメーカー

    ●今月のNEWS of ENGINEERING MATERIALS
    ●本の紹介
    ●Report「Nano tech 2020」「第6回ウェアラブルEXPO」
    ●編集後記・次号予告